BOFUこぼれ話④「Little Gangs ‐チップチューン‐の道しるべ」

2015.11.04(Wed)

さて、最後の曲ですが、これまた何しようかと考えてたところに浮かんだのが「チップチューン」でした。

近頃のチップチューンはメインのメロディだけファミコン系の音源使ってるけど、ドラム隊とかは普通のドラムの音源使ってるやん!
って感じの曲ばっかりになってしまって、「これをチップチューンと言ってしまうのか…」という気持ちでいっぱいでした。

チップチューンは最低でもこのぐらいはやらんといかんのじゃない?っていうようなけ気持ちでこの「Little Gangs」を作ることにしました。

使用する音源は、絶大なる信頼を誇るMagical 8bit Plugただ一つ。ドラム隊もSEも、使うのはこれだけ。
以前にもこのルールで作ったことが何度かあるので、特に難しいことではない。
何でも1回やっておくと後が楽になるんですねぇ。

で音源は決まってても肝心のジャンルは?とかは考えず思いつくままに、ただひたすらに、つれづれなるまヽに。
作り始めてもうその日に完成してしまいましたとさ。

コードもほぼワンコード、モチーフというよりは、アドリブ的な主旋律とリフで展開していくスタイルになりました。
BPMが108固定になってますが、音楽的には後半は倍のテンポで取るのが正しいと思います。
これは作ってる時にずっとそのまま作業してて、BMS化するあたりで気づいたので、もういっかーってかんじです。
だから、BPM変化がないのは、作るときにBPMそのままで作ってたから、っていうだけの理由ですね。
ソフランあればもっと難しかったかも。

ほんとにこの曲は、その時のノリ「つれづれ」で作った曲だと言えるでしょう。
チップチューンはカワイイ系よく見かけるけども、この曲はなんだかよくわからない系になったので新鮮だったかもしれません。

曲名の「Little Gangs」ですが、「ちょっとワルなイメージだけど、そこまでワルになりきれてない」そういう感覚でつけましたが、ほんとのこと言うと、某アイドル集団の今はなきユニット名から取りました。はい。

名義の「Fantastic miracle concept」ですが、これは略して「ファミコン」になるようにそれっぽい言葉を並べて作りました。
これ結構気に入ってるので、またチップチューンやるときにはこの名義使いたいなぁとか思ってたりします。

もっと追求すれば、同時発音数の制限っていうのがあるんですが、今回はそこまではしませんでした。
これはこれでおもしろいんですよね。音の使い方が全くちがうので。
機会があれば挑戦したいですねぇ。

試聴の音源では、ファミコンが衝撃を受けてフリーズしてしまった感を表現してみました。結構それっぽくなってると思いませんか?
ファミコンって、ヒートアップしてしまって、コントローラー引っ張るとあんな感じでよくバグるんですよねぇ…。
今ではそうゆうこともなくなってしまいましたね。今のゲーム機ワイヤレスのコントローラーが主流になってしまいましたもんねぇ…。


以上でBOFUこぼれ話(全4話)おしまいとなります。

いかがでしたか?BOFUこぼれ話。
イベント終了まで宣伝もせず、ひたすら我慢した分をここで発散させてしまいました。
これから、しばらく小さいイベントにも参加していきたいなぁと思っています。

あとBGA作者は年中募集してます…みんな忙しそうで自分からは頼みにくいですね…

あと合作。これは来年のBOFUまでには絶対にしたい。合作したさあふれてます
こんなわたしでも合作してみたいという勇敢な方いらっしゃいましたらメールでもTwitterでも是非ご連絡ください!
暇をもてあましていますので。



こんな感じでORC,R→eCycleはマイペースにやっておりますので今後ともよろしくお願いいたします!

ではまたどこかでお会いしましょう!
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ORC2007

Author:ORC2007
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

ありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。